インフォメーション

2010-12-03 10:41:00

12月3日、1万7千の署名を添え、小杉県議会議長に私学助成の充実を訴えた。公立の授業料無償化、私立も年収250万円未満の家庭では入学金は無償だが、私立高校生の7割を占める年収350万円以上の家庭での保護者負担は公立の73倍、昨年より学費負担の公私格差は拡大!

熊本善意銀行から500万円の寄付をいただきました。昨年に比べ大きく減少していた募金を見かねてのこと。これで新たな奨学生を募集することが出来ます。ありがとうございました。