授業料等減免補助制度

平成22年度熊本県私立高等学校授業料等減免補助制度のお知らせ

熊本県では、経済的理由により就学が困難な私立高校生(専攻科の生徒を含みます)を支援するため、私立高校が下記の要件に該当する生徒の授業料等を減免した場合、別に定める基準に従い、私立高校に対し補助を行っています。

下の表をみて、減免の対象になると思われる方は、生徒が通っている私立高校にご相談ください。

◎授業料減免の対象者

要件授業料減免額(月額)
生活保護受給授業料相当額(※)-就学支援金
市町村民税所得割非課税
児童養護施設等入所者
家計急変(解雇、倒産、雇用契約期間終了、保護者死亡、離婚等)
家計急変後、家計状況が回復しないもの
低所得世帯(市町村民税所得割18,900 円未満)(授業料相当額(※)-9,900 円)
×1/2-4,950 円
ただし、1,200 円を上限とします。
なお、専攻科については、別途計算方法があります。

※授業料相当額とは、平成21年度授業料として各学校が定めた額をいいます。

◎入学金減免の対象者

要件入学金減免額
生活保護受給生入学金-5,650 円

※授業料減免、入学金減免とも、上記減免額より低い額を学校が減免している場合は、学校が減免した額が上限となります。

本ページは熊本県の「熊本県私立高等学校授業料等減免補助制度のお知らせ」を利用して作成したもので、間違いもあるかと。そちらのPDFを閲覧下さい。(2010年9月18日)